Banksy 'Have a Nice Day'をレザーの特殊な額縁で額装しています。

焦らしても仕方ないので単刀直入に言いますが、こちらの額縁はレザーが使用されています。

この10年で本当に色々な額装を製作してきましたが、レザーを使ったのは今回が初めてです。

 

 

 

I様から「wabisabiの形状でレザーのフレームは作れないか?」とご相談いただき、早速、いつものようにsugiyamakaguの3代目に相談しました。

 

どんな難問でもいつも何とかしてくれるので、僕より11歳も若いのですが何かあればすぐに3代目に相談します。

 

 

 

wabisabiの味と無骨さをレザーで表現するために色々な議論の末、強い耐久性が求められる馬具用に作られた「ブライドルレザー」を使用することにしました。


ブライドルレザーとは牛革の皮革をナチュラル・タンニンなめし(皮から革への加工方法のひとつ)でなめされ、蜜ロウ、タロウ、植物性油などのワックス(簡単に言うとロウソクのロウみたいなもの)を最終段階でアイロンや手などで革の表面に塗り込んだものです。


長いものでは1年半もの期間がかかり、皮革自体も非常に貴重(ブライドルレザー伝統のタンナーでしか良いものは作れません)で、牛革の中では群を抜いた価格で取引されています。


塗る込まれたロウが画像のように白く粉を吹いているようになっていますが、これもブライドルレザーの魅力の一つです。

 

 

 

wabisabiと同じように木枠を作り、それにブライドルレザーを張り込んでいます。

角のガタガタ感を少し強調させるために、通常の木のwabisabiよりは出っ張りを数mm、長くとっています。

 

 

 

当然、枠の内側にもレザーが貼り込まれています。

 

 

 

レザー感が満載の角の仕上がりです!

「額装バカ」はこの画像で何杯が酒が飲めます!


常識的には額縁の材料には絶対使わないモルタルや鉄などを使って額装を製作したことがありますが、また「非常識なノイズキング額装の歴史」に新たな1ページが追加されました。

 

 

 

「この絵と一生、共に過ごしたい!」と思える作品と出逢うことができた、幸せな方からの額装のご依頼をお待ちしております。


この10年で1000円程度のポスターから100万円を越える作品まで、本気の額装を4000点以上、手がけて参りました。

これまで培ってきた経験を出し惜しみせずお伝えさせていただきます。

 

 

 

額装費の内訳

 

額縁 wabisabi - Leather(UVカットアクリル)サイズ1600 (フレーム幅46mm) 306,000円

 

マットボード(コットンスエード白)サイズ1600 15,720円

 

額装合計金額 321,720円(税抜き)

 

 

フレーム外寸 縦 540mm × 横 1173mm

 

額装総重量 4250g

 

 

アーティスト: Banksy(バンクシー)
作品: Have a Nice Day (Unsigned)

 


額装のご相談はこちらから

メモ: * は入力必須項目です