· 

KYNEの2015年の原画を額装しました。

女の子の髪の毛に優雅でクールなブルーローズが描かれた、KYNEの貴重な初期の原画です。

現在は400万円ぐらいの価値があるんでしょうね。

 

 

 

フレームはEternity White、マットボードはコットンスエードの白です。

2018年からKYNEの作品の額装を手がけていますが、清潔感のある真っ白の額装が圧倒的に人気ですね。

 

 

 

マットボードはコットンスエード素材なので柔らかく上品な雰囲気に仕上げてくれます。

 

 

 

キャンバスやウッドパネルの作品を額装する時は固定するために絶対、裏にビスを使わないといけません。

ノイズキング藝術額装店では固定で生じる裏面の負担を極力軽減させるために一手間かけています。

 

しかし、作品には一切、手を加えてほしくないと希望される人には、 今回のように凸型に特殊加工したアクリルのケースをお勧めしています。(厳密には、ケースと言っても背面は無く帽子型になっています。)

 

 

 

凸型のアクリルケース+通常のアクリルもあるので、アクリルが2枚重なっているのですが(2枚の間には15mmほどの空間はありますが) 透明度の高いアクリルを使用しているので、作品の見栄えに何の遜色もありませんので、ご安心ください。

 

 

 

作品を傷つけず豪華な仕上がりになる画期的な凸型のアクリルケースを使用した立体作品の額装ですが、2つのデメリットがありますので、正直にお伝えさせていただきます。

 

【デメリット1】

凸型のアクリルケースの製作には加工に高度な技術と手間を要する為に費用が少し高額になります。

 

 

 

【デメリット2】

凸型アクリルケースの重量が少しかさむので大きな作品には、少し不向きかと思います。

もちろん耐重性に問題ないので少し重くなる事と予算に問題がなければ製作をお受けさせていただきます。

 

 

 

この2つのデメリットを超える大きなメリットがいくつもありますので、このデメリットを許容出来る人には立体作品の額装には 凸型アクリルケース仕様をお勧めさせていただきます。

 

 

 

額装の裏面は裏板がありますが、

 

 

 

この裏板を開ければ作品を簡単に取り外すことも可能になります。

 

 

 

額装費の内訳

 

額縁 Eternity White(UVカットアクリル)サイズ600 9,849円

 

マットボード(コットンスエード白)サイズ600(マットボード幅 / 40mm) 5,082円

 

立体加工代金 8,624円

 

凸型のアクリルBOX代金 27,797円

 

額装合計金額 51,352円(税抜き)

 

 

フレーム外寸: 縦 327mm × 横 327mm × 厚み 50mm

 

額装総重量:1500g

 

 

 


額装のご相談はこちらから

 

僕は本気で【世界最高峰の額装を作り続けて行きたい!】と思って日々取り組んでいます。

この14年の間に(2021年時点)5000点を超える本気の額装を手がけて来ました!

 

仕事もプライベートも、つまり人生全てにおいて、妥協することが大嫌いなので【利益追求のための手抜き】は一切やりませんし、そんなことをこそっとやる職人とは、絶対に仕事を一緒にはしません!

 

もし、あなたがこのノイズキング藝術額装店のスタンスに共感いただけるのなら、お気軽に以下からお問い合わせ下さい。

 

 

1. 額装される作品の写真(もしくはアーティスト名と作品名)、

作品の縦・横のサイズをmm単位でお願いいたします。

(お見積もりがスムーズにお知らせできます。キャンバス作品の場合は、厚みもご記入ください)

 

2. ご依頼される額縁がお決まりの場合は、そちらの額縁名をお知らせ下さい。

「これと同じにしてほしい!」という額装例のURLを送っていただいても大丈夫です。

 

 

「忙しくて考える時間がない」、「初心者で何が何だかわからない」という方も作品に応じたベストな額装をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください!

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です